キャプチャ(録画)機能について

ここでは、「キャプチャ(録画)機能について」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年4月25日のアップデートで実装された「キャプチャ(録画)機能」。
録画のやり方、保存場所、設定方法、画質の比較などを解説します。

■録画のやり方
録画方法は至って簡単。ゲーム内で録画したい時にキーボードの「Scroll Lockキー」を押すと録画開始。
停止したい時は「Scroll Lockキー」を押すことで終わります。
録画中は画面右下に「REC」と赤く表示されます。


■保存場所
環境設定 - キャプチャ で、保存場所を「配置フォルダ」にしている場合は、
『C:\GameOn\Alliance of Valiant Arms\avaGame\Captures』のフォルダ内にファイルが保存されます。
「マイドキュメント」にしている場合は、OSで指定している『マイドキュメント』フォルダ内に
AVA\Capturesというフォルダが作成され、その中に保存されます。


■動画保存形式

環境設定 - キャプチャ にある動画保存形式は4モード。
1920x1200/24bit/速度重視のビデオ設定で、それぞれ録画をしての比較。

MPEG4・・・4モードの中で一番画質が良いが、デメリットとしてファイルサイズが一番大きい。
詳細:MPEG4コーデック、解像度はプレイ時の解像度と同じ、30fps、映像ビットレート約70MB、オーディオビットレート768kbpsステレオ
参考ファイルサイズ:10分で約5GB。

MPEG1・・・4モードの中で2番目に画質が良い。(画質とデータ速度のバランスが良い)
詳細:MPEG1コーデック、解像度はプレイ時の解像度と同じ、30fps、映像ビットレート約31MB、オーディオビットレート192kbpsステレオ
参考ファイルサイズ:10分で約2.3GB

Youtube・・・4モードの中で一番画質が悪いが、ファイルサイズが一番小さい。
詳細:MPEG1コーデック、320x200、24fps、映像ビットレート約1.8MB、オーディオビットレート160kbpsモノラル
参考ファイルサイズ:10分で約150MB。

YoutubeHigh・・・4モードの中で3番目の画質。
詳細:MPEG1コーデック、480x300、30fps、映像ビットレート約4MB、オーディオビットレート192kbpsモノラル
参考ファイルサイズ:10分で約250MB。


■各モード動画
AI爆破の試合をYouTubeにそのままアップロードし、YouTubeの動画加工ツールでカットしてあります。
・MPEG4


・MPEG1


・Youtube


・YoutubeHigh



■まとめ
録画をする時は負荷がかかるようでゲーム内fpsが少し下がります。
AVAがギリギリ動作するようなPCの人には厳しい機能です。
画質はMPEG4、MPEG1がすごく綺麗に録れます。ただビットレートが少し高めなのでハードディスクの速度性能に
よってはカクカクしてしまう可能性があります。
YoutubeHigh、Youtubeはどちらもかなり軽めですが、画質は小さな文字が読めないレベルになってしまいます。

問題なのがMPEG1コーデックのモードは、動画編集できるツールが見当たらないことです。
色々フリーソフトを入れて試してみましたが、編集できたのはYouTubeの動画加工ツールだけでした。
録画してそのままYouTubeにアップロードするなら良いですが、アレコレと編集するのにMPEG1、YoutubeHigh、Youtubeは向いていません。
そういう用途の場合はMPEG4で撮影するといいでしょう。

動画ファイルはコーデックを入れていないWindows Media Playerだと再生できないので、
再生用にMedia Player Classicあたりをインストールしておくといいでしょう。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright AVA攻略ブログ『AVA Labo』
Copyright GameOn Co., Ltd.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。